title

about staff access blog link shopping




アーユルヴェーダとは?

~ヨガとの繋がり~

 

古代インドで発祥し、5000年の歴史を持つアーユルヴェーダ。

アーユルヴェーダ(AYURVEDA)の”AYU”は「生命」を表し、

”VEDA”は「知識・科学」を意味します。

本来アーユルヴェーダとは、「生命の科学」という意味があり、

健康について体系的にまとめた生命に関わるものを扱う教えのこと。

 

そして共に古代インドで生まれたヨガ。

両者の源流を探ると、現存するインド最古の文献「ヴェーダ」に行き着き、

この「ヴェーダ」文献に医学に関する記述があり、

「ヴェーダ」を母に持つヨガとアーユルヴェーダは、共通の教えを携えて独自に

成長を遂げた、いわば兄弟のような関係になります。

「ヴェーダ」から派生して兄弟関係にあるヨガとアーユルヴェーダは、

根本的な生命観は同じで、目指すゴールも同じ。

両者とも人間をスピリチュアルな存在ととらえ、生命は、心・体・魂の完全調和を

目指していきます。

ヨーガが瞑想に通じる行為で、精神面からのアプローチを得意とするのに対し

アーユルヴェーダが得意とするのは、身体面からのアプローチ。

アビヤンガ(オイルトリートメント)・ハーブ・体質別の食事療法などを取り入れ、

健康を底上げするアプローチ。

同時進行で心と体の両方を整えることで、目指すゴールに到達しやすくなります。

ヨーガとアーユルヴェーダはとても相性がよく、この二つを同時に実践することは

生命を輝かせる最高のメソッドになると考えています。

 

 

 

 

5つの自然エネルギー

私たちの身体は空・風・火・水・地の5つの自然エネルギーで構成されると考えます。

さらに、3つのエネルギーにコントロールされるという

『トリ・ドーシャ理論』があります。

ヴァータ・ピッタ・カパ

 この3つの要素のバランスで人は体質や個性が決まると言われています。


5つのエネルギーと3つの性質

 

 

 

 

 

生命を維持することは「ヴァータ・ピッタ・カパ」が相互的に作用している状態です。


これらのバランスがとれていることを健康であり、バランスが崩れると不調、病気を引き起こします。

今の自分の「ヴァータ・ピッタ・カパ」のバランスを知り、本来あるべきバランスのとれた状態をとり戻しましょう。

 

 

 

 

アーユルヴェーダのヨーガ

内なるアーユルヴェーダの知恵を学ぶ方法がヨーガです。
自分自身に気づけば、アーユルヴェーダへの理解が深まります。



ヨーガのポーズは、体の柔軟性を高めるだけのものではありません。
マルマ(中医学のツボに類似した体中に点在するもの)とチャクラ、
よどんだエネルギーと不純物を開放を目指していきます。
また、ヨーガの実践により、生活習慣病の予防や、
健康への効果があることも現代の科学的研究によって明らかになっています。



アーユルヴェーダのオイルトリートメント

アーユルヴェーダのケア法の一つである
オイルトリートメント


アーユルヴェーダの食事療法・ハーブ

アーユルヴェーダの食事は、取り入れる栄養素だけではなく、
食物が体内でどのように消化=(アグニ)され、代謝されるかを考えることを重要します。



食事のポイント
・アーマ(未消化物)の産生・蓄積を抑える
・アグニ(消化の火)の力を高める
・マラ(便・尿・汗)の生成を高める。



スムリラではスムージーやハーブをご用意しております。





























SMOORELA  佐賀 
Tel. 0952 23 3059

佐賀県佐賀市中央本町3-25
 OPEN: 11:30 ~ 20:30最 終受付   不定休